INTERVIEW

Our Team Member

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 「チームワークの意識」を、しっかりと感じられる良い会社だと思います

リサイクル事業部
藤丸 英典

「チームワークの意識」を、しっかりと感じられる良い会社だと思います

リアルゲートに入ったきっかけは?働く事を決めた決め手はなんですか?
この会社にはバイトとして入りました。場所的に自分に都合が良かったことと、チームワークを大切にするという会社の方針に興味を持ったことがきっかけでした。それまでリサイクルの業界には縁がなく、どういう場所でどういう仕事をするのかというのがよく分からなかったので、実は始める前にはかなり緊張をしていて、自分に出来るだろうかと不安でした。しかし、入ってみると先輩方がしっかりとマナーや仕事のことを教えてくれて、いろいろとアドバイスや気遣いをくれたので、すぐに自信をもって仕事に打ち込めるようになりました。こういう働く環境というのは大事だと思いますので、やはりそうした人や雰囲気の良さというのが働く決め手になったのだと思います。
会社ではどのような仕事をしていますか?働いてよかったと思う点は?
主にリサイクル分野で仕事をしています。バイトだった自分が今は幅広い業務を任される身となっています。自分が教えてもらったことを、新しい仲間に向けて確実に伝えていきながら、支店長になる夢に向かって頑張る毎日を過ごしています。働いて良かったと思うのは、自分の仕事が誰かのためになっているのだと感じられることですね。どちらかと言うと、お客さんの前に出るような仕事は苦手分野だったのですが、感謝の言葉を頂ける度に「もっと仕事の幅を広げて自分の苦手にも挑戦しよう」「相手の気持ちにちゃんと応えられるプロになろう」と思えるようになりました。そうやって自分が成長に向かって進めたというのも、リアルゲートの道を歩んで良かったなと思える点です。
リアルゲートで今後達成したい目標はありますか?
先ほども少し触れましたが、いずれ支店長としてこの店を切り盛りさせていただきたいという夢を持っています。今、自分の業務の範囲が広がっていて、大きなやりがいを感じていますので、これからもっと支店全体に目を配れるようにしていきたいです。支店長となりますと責任も大きくなるわけですが、それだけに何かを達成した時のやりがいもとても大きなものになると確信をしています。そうしたやりがいや達成感は仕事だけではなく、人生の中でも大きな糧になるものだと思います。初心を忘れないで、これからもしっかりと適切に業務を進めながら、自分の技能や経験をどんどん高めていきたいです。支店長を目指す道を、着実に踏みしめていこうと思います。